コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白井宣左衛門 しらい せんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白井宣左衛門 しらい-せんざえもん

1811-1868 幕末の武士。
文化8年9月4日生まれ。武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩士。慶応3年藩の分領上総(かずさ)(千葉県)富津(ふっつ)の町在奉行兼勘定奉行となる。4年幕府脱走兵に加担をせまられ,その処置に困惑。のち新政府軍に向背を追及され,慶応4年6月12日切腹した。58歳。名は春幹。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白井宣左衛門の関連キーワード戊辰戦争藩学一覧光の科学史坂東彦三郎(3代)古史伝エレキテル朝鮮通信使日本幽囚記早竹虎吉(初代)明治

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone