コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白倉村清助 しらくらむら せいすけ

2件 の用語解説(白倉村清助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白倉村清助 しらくらむら-せいすけ

1749-1823 江戸時代中期の農民。
寛延2年生まれ。上野(こうずけ)白倉村(群馬県甘楽(かんら)町)の人。天明元年上野・武蔵(むさし)における絹改会所の設置と改所料の徴収に反対する一揆(いっき)(上州絹一揆)を指導。絹改会所は設置されなかったが,清助は翌年八丈島に流され,在島41年後の文政6年7月21日死去。75歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

白倉村清助

没年:文政6.7.21(1823.8.26)
生年:寛保1?(1741)
江戸後期の義民。上野(群馬県)甘楽郡小幡藩領白倉村生まれ。天明1(1781)年武蔵・上野2カ国10カ所の絹改会所(端物並糸真綿貫目改所)設置に反対して西上州で起きた天明絹一揆の指導者で,改会所は中止されたが,遠島の刑に処せられ,八丈島に送られた。在島すること41年間で病死。同じ村の今助の子の清蔵が中追放(牢死)の刑となっている。ふたりは兄弟といい,白倉の円明院に「島流道覚居士」「流岳実良居士」の法名を刻んだ墓石がある。嘉永1(1848)年に建立されたものだが,建立者の名前は削られている。<参考文献>『甘楽町史』,葛西重雄・吉田貫三『八丈島流人銘々伝』

(小椋喜一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白倉村清助の関連キーワード織田信邦織田信就織田信富小幡信貞神戸信章壺半白倉五左衛門浅白庵照庭松平忠福荒船

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone