コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白塔子 はくとうし

百科事典マイペディアの解説

白塔子【はくとうし】

中国,内モンゴル自治区南東の赤峰市に属するバイリン(巴林)左旗にある地名慶州城の跡。地名の起源となった白塔(白色に塗った【せん】塔(せんとう))は,八角七層で,外壁は種々の浮彫で飾られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はくとうし【白塔子 Bái tǎ zǐ】

中国,内モンゴル自治区東部,昭烏達盟巴林左旗北部の集落。ここには11世紀中ごろ遼の興宗が築いた慶州城址があり,その城内北西隅に8角7層,高さ約65mの白い塔があることからこの地名が生まれた。この塔は,その全容や外壁の多数の浮彫から,宋・遼・金代で最も美しい仏塔とされている。なお,慶州城は,その北西の興安嶺の山に葬った興宗の父聖宗の陵を守るためのもので,遼代には繁栄したといわれる。【小野 菊雄】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

白塔子の関連キーワードパイターツー慶州(中国)中国建築慶陵

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android