コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白塚 しらつか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白塚
しらつか

三重県津市北部,伊勢湾にのぞむ地区,旧町名。パッチ網漁法でヒシコイワシコウナゴなどを水揚げし,それらの加工業もあり「白塚煮干」が知られる。冬はノリ養殖場となる。農業,漁業従事者が多かったが団地が造られ住宅地化も進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白塚
しらつか

三重県中央北部、津市の一地区。旧白塚町。伊勢(いせ)湾に面し、江戸期から地引網が盛んで、現在も底引網、バッチ網によるコウナゴ、ヒシコイワシ漁業や、ノリ養殖が盛んで、海岸に煮干し作りの納屋(なや)集落が並ぶ。第1種漁港に指定されている。近畿日本鉄道名古屋線、国道23号が通じる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

白塚の関連キーワード猪の子古墳旭電器工業金融市場津(市)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白塚の関連情報