コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白岩 しらいわ

3件 の用語解説(白岩の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白岩
しらいわ

山形県中央部、寒河江(さがえ)市の一地区。旧白岩町。山形盆地の西端寒河江川北岸の河岸段丘上に位置する谷口集落。1622年(元和8)最上(もがみ)氏改易後、一時酒井忠重(ただしげ)の所領となったが、白岩一揆(いっき)ののち1638年(寛永15)以降幕府領となる。六十里越(ごえ)街道の宿場町としても栄え、出羽(でわ)三山参詣(さんけい)の行者でにぎわい、また3、6、10の日の市(いち)も開かれた。六十里越街道は国道112号となったが、白岩地区では幅員が狭く、1999年(平成11)に白岩バイパスが開通した。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白岩の関連キーワード野辺地町野辺地湾飛白岩野辺地おがわら湖野辺地[町]白岩俊雄白岩竜平野辺地湊睦鶴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白岩の関連情報