白星(読み)シラホシ

デジタル大辞泉の解説

しら‐ほし【白星】

兜(かぶと)のの、表を銀で包んだもの。

しろ‐ぼし【白星】

中を塗りつぶしていない、丸または星形のしるし。
相撲の星取り表で勝ちを表すい丸。転じて、試合に勝つこと、また成功・手柄についていう。「白星をあげる」⇔黒星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらぼし【白星】

かぶとの星の、銀色のもの。しろぼし。

しろぼし【白星】

相撲の星取り表で勝ちを表す白丸。
転じて、勝負に勝つこと。また、手柄をたてること。 「 -をあげる」
▽⇔ 黒星

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しら‐ほし【白星】

〘名〙 (かぶと)の鉢を釘づけする鋲頭の星の表面を銀で包んだもの。
※保元(1220頃か)中「赤地の錦の直垂に、沢瀉威(おもだかをどし)の鎧に、白星の冑を著」

しろ‐ぼし【白星】

〘名〙
① 丸くて白いしるし
※義経記(室町中か)四「しろほしの五枚兜に鍬形打って猪頸に著、大中黒の矢負ひ」
③ 相撲の勝ちのしるし。星取表の白丸。転じて、手柄をたてること。⇔黒星

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白星の関連情報