コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白星 シラホシ

デジタル大辞泉の解説

しら‐ほし【白星】

兜(かぶと)のの、表を銀で包んだもの。

しろ‐ぼし【白星】

中を塗りつぶしていない、丸または星形のしるし。
相撲の星取り表で勝ちを表す白い丸。転じて、試合に勝つこと、また成功・手柄についていう。「白星をあげる」⇔黒星

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらぼし【白星】

かぶとの星の、銀色のもの。しろぼし。

しろぼし【白星】

相撲の星取り表で勝ちを表す白丸。
転じて、勝負に勝つこと。また、手柄をたてること。 「 -をあげる」
▽⇔ 黒星

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白星の関連キーワードフェリックス ヘルナンデス三重県四日市市鵜の森マイク タイソンヤッターよこづな白鵬の昇進問題大統領自由勲章岩淵 百合子勝ち星・勝星小野三千麿両目が開く岩淵百合子太白[区]岡本 圭岳東方朔太白神天童山ハランしるし星条旗巳の時

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白星の関連情報