黒星(読み)くろぼし

精選版 日本国語大辞典「黒星」の解説

くろ‐ぼし【黒星】

〘名〙
くて丸いしるし。
※浮世草子・西鶴織留(1694)二「くだんの片(へぎ)を張立、黒星(クロボシ)を書付て、鉄炮的(てっぽうまと)の角(かく)に仕立て見せけるに」
② 的(まと)のまん中にある黒点。
※雑俳・柳多留‐一五三(1838‐40)「黒星に当る程いい的稽古」
③ (②から転じて) ねらった所。急所。図星。また、的中すること。
※浮世草子・好色万金丹(1694)一「推量は黒星(クロボシ)に当てながら、親方の手前(まへ)気の毒さに」
④ 目の中のひとみ。
⑤ 相撲の負けのしるし。星取表に書き入れる黒く塗りつぶした丸。転じて、負けること。また、重大な誤りを犯すこと、失敗することの意に用いる。⇔白星
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉常陸、梅の爛熟時代「駒は黒星(クロボシ)を五つも取って不振に終った」
※吉凶うらなひ(1951)〈井伏鱒二〉「易占家たるものが、人を見るのに履歴書を要求するとは何ごとだね。これは君の黒星だ」
※談義本・身体山吹色(1799)三「『本詰(ほんつめ)さんおよび違ひなしの●(クロボシ)で御ざります』『何其本詰は●(クロボシ)か、そして美しいか』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「黒星」の解説

くろ‐ぼし【黒星】

黒く丸いしるし。黒丸。
相撲の星取り表で負けを表す黒い丸。転じて、負けること。失敗すること。⇔白星
的(まと)の中央にある黒い丸。
3から》ねらったところ。急所。図星。
「今思えば刻薄という評は―にあたっていない」〈鴎外ヰタ‐セクスアリス
瞳(ひとみ)のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

三内丸山遺跡

青森市中心部の南西,沖館川の南に面する丘陵地帯に広がる縄文時代の遺跡。 1992年発掘開始。 1994年約 4500年前のものと推定される直径 1.8mの柱穴6個と,直径 80cmのクリ材と思われる木...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android