コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白梟 シロフクロウ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐ふくろう〔‐ふくろふ〕【白×梟】

フクロウ科の鳥。全長約60センチ。全身白色で、暗褐色の斑が入る。北半球のツンドラで繁殖し、主にネズミを捕食する。日本にはまれに冬鳥として渡来。 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しろふくろう【白梟】

フクロウ目フクロウ科の鳥。全身白色で、翼を開くと1.4メートルに及ぶ。北極圏の周囲で繁殖し、冬期、北海道にも現れることがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白梟 (シロフクロウ)

学名:Nyctea scandiaca
動物。フクロウ科の渡り鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

白梟の関連キーワード北極圏冬期

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android