コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白梟 シロフクロウ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐ふくろう〔‐ふくろふ〕【白×梟】

フクロウ科の鳥。全長約60センチ。全身白色で、暗褐色の斑が入る。北半球のツンドラで繁殖し、主にネズミを捕食する。日本にはまれに冬鳥として渡来。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しろふくろう【白梟】

フクロウ目フクロウ科の鳥。全身白色で、翼を開くと1.4メートルに及ぶ。北極圏の周囲で繁殖し、冬期、北海道にも現れることがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白梟 (シロフクロウ)

学名:Nyctea scandiaca
動物。フクロウ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

白梟の関連キーワード北極圏冬期