コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白河石(読み)しらかわいし

大辞林 第三版の解説

しらかわいし【白河石】

福島県西白河付近に産する石英安山岩。古くから土木・敷石・建築材とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白河石
しらかわいし

福島県南部の白河市付近に広く産するデイサイト質の溶結凝灰岩の石材名。かつては産地の違いにより、米村(よねむら)石、久田野(くたの)石、小田川(こだがわ)石、根田(ねだ)石などの別名でもよばれた。灰色ないし灰紫色を呈し、中にあたかも液体が流れたように見える黒色のガラス質の部分や小さな岩片を多く含んでいる。古くから土木用および建築用材として利用された有名な石材である。[斎藤靖二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる