コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白燐弾 ハクリンダン

デジタル大辞泉の解説

はくりん‐だん【白×燐弾】

白燐を詰めた砲弾手榴弾。主に煙や光を発生させる目的で、発煙弾照明弾信号弾曳光弾などとして用いられる。
[補説]2004年に米国がイラク戦争で、2009年にイスラエルガザ攻撃の際に、それぞれ対人使用して人権団体から非難を受けた。人体に深刻な被害を与える非人道兵器の一つとの指摘もあるが、化学兵器禁止条約の対象外となっており、国際条約上、対人使用を明確に禁止する規定はない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

白燐弾の関連キーワード補説

白燐弾の関連情報