コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄燐 オウリン

大辞林 第三版の解説

おうりん【黄燐】

リンの同素体の一。白色半透明の軟らかい蠟ろう状の固体。水にはほとんど溶けないが、二硫化炭素やベンゼンによく溶ける。暗やみで青白い燐光を発し、摂氏55度で発火して五酸化二リンの白煙をあげながら激しく燃える。加圧下で加熱すれば赤リンに変化する。猛毒。白リン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄燐の関連情報