コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白狼蜂起 はくろうほうき

世界大百科事典 第2版の解説

はくろうほうき【白狼蜂起】

中国,1912‐14年の反袁世凱の民衆闘争。河南省宝豊県の人,白狼(白朗とも書かれた。1873‐1914)が指導した。袁世凱の独裁強化と,辛亥革命によっても変わらなかった地主・官僚の支配に反対して,華北の破産農民などを結集,〈打富済貧〉を唱えて,官庁,大地主,富豪を襲った。〈公民討賊軍〉と称して河南,陝西,甘粛,湖北,安徽に転戦,北洋軍を苦しめたが,白狼の戦傷死により,失敗した。【久保田 文次】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白狼蜂起の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史ヤマサキバーブ明治天皇大正准州ジゴマ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android