白狼蜂起(読み)はくろうほうき

世界大百科事典 第2版の解説

はくろうほうき【白狼蜂起】

中国,1912‐14年の反袁世凱の民衆闘争。河南省宝豊県の人,白狼(白朗とも書かれた。1873‐1914)が指導した。袁世凱の独裁強化と,辛亥革命によっても変わらなかった地主・官僚の支配に反対して,華北の破産農民などを結集,〈打富済貧〉を唱えて,官庁,大地主,富豪を襲った。〈公民討賊軍〉と称して河南,陝西,甘粛,湖北,安徽に転戦,北洋軍を苦しめたが,白狼の戦傷死により,失敗した。【久保田 文次】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android