コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白狼蜂起 はくろうほうき

1件 の用語解説(白狼蜂起の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はくろうほうき【白狼蜂起】

中国,1912‐14年の反袁世凱の民衆闘争。河南省宝豊県の人,白狼(白朗とも書かれた。1873‐1914)が指導した。袁世凱の独裁強化と,辛亥革命によっても変わらなかった地主・官僚の支配に反対して,華北の破産農民などを結集,〈打富済貧〉を唱えて,官庁,大地主,富豪を襲った。〈公民討賊軍〉と称して河南,陝西,甘粛,湖北,安徽に転戦,北洋軍を苦しめたが,白狼の戦傷死により,失敗した。【久保田 文次】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

白狼蜂起の関連キーワード溥儀康有為金台錫袁世凱中華民国北洋軍閥民衆芸術辛亥(しんがい)革命章士釗佃一予

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone