コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白猪胆津 しらいの いつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白猪胆津 しらいの-いつ

?-? 6世紀中ごろの官吏。
百済(くだら)(朝鮮)系渡来人で白猪氏の祖。吉備(きび)地方(岡山県)の白猪屯倉(みやけ)の田部(たべ)(農民)に丁籍(ていせき)の不備のため賦課をまぬかれる者がおおく,欽明(きんめい)天皇30年(569)胆津が派遣され正確な戸籍の作成に成功。白猪史(ふひと)の氏姓(うじかばね)をあたえられ,田令(たづかい)(屯倉の管理者)に任命された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白猪胆津の関連キーワード葛城山田瑞子味沙

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android