コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田令 たつかい

3件 の用語解説(田令の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

たつかい【田令】

朝廷より派遣されて屯倉みやけを管理し、貢税などに携わった職。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たつかい【田令】

ミヤケ(屯倉)の管理を行う官人。《日本書紀》欽明17年7月己卯条には,蘇我稲目らを備前児島郡に派遣して屯倉を置かせ,葛城山田瑞子を〈田令〉にしたとあり,分注にタツカヒとよませている。ついで欽明30年4月条には,白猪(しらい)屯倉の田部の丁籍を定めた功によって,王辰爾の甥の胆津(いつ)という人物に〈白猪史〉の姓を賜い〈田令〉に任じ〈瑞子之副(すけ)〉としている。このように〈田令〉には正,副の別があったが,これを《日本書紀》編者がタツカヒとよませている点は注意される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田令
でんりょう

(1)令の篇目(へんもく)の一つ。「養老(ようろう)令」(30編)にあっては、戸令と賦役令の間、第九番目に配列されており、全37か条よりなっている。田の面積の単位から始まり、口分田(くぶんでん)や功田(こうでん)・職田(しきでん)・位田(いでん)など各種の田、あるいは荒廃田、空閑地に至る土地の規定、用益法などについて定めたもの。田租(でんそ)に関する規定がこの田令に含まれていることが注目される。母法たる唐令では、租の賦課規準や徴収法は賦役令において定められているからである。これは、日本古代律令制の下では、租は課役とは考えられていなかったことを示すものである。この点にかかわって、唐令においては、受田資格と租調負担とが密接な関連を有しているのに対して、わが国ではこの両者の関連性が薄いことも彼我の相違点である。(2)訓は「たつかい」。律令体制確立以前、皇室の直轄地である屯倉(みやけ)の経営にあたるために、中央政府から派遣された官。初見は『日本書紀』欽明(きんめい)天皇17年(556)七月条に、備前(びぜん)児嶋(こじま)郡(岡山県児島郡)に設置された屯倉の田令に、葛城山田直瑞子(かつらぎのやまだのあたいみずこ)が任命されたとあるもの。『続日本紀(しょくにほんぎ)』大宝(たいほう)元年(701)四月条に「田領をやめて国司の巡検に委す」とあるから、田領が田令と同じものであるとすれば、大宝令施行まで存続したうえ、その任務が国司に引き継がれたとみることができよう。なお欽明天皇30年(569)には、吉備(きび)白猪(しらい)屯倉に派遣された膽津(いつ)が、田部の戸籍を定めた功によって白猪史(ふひと)の姓を与えられるとともに、葛城山田直瑞子の副官として、田令に任命されている。[福岡猛志]
『井上光貞他編『律令』(1976・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田令の関連キーワードNMS機関区屯倉内つ官家特牛のGSA資産管理機関縮見屯倉白猪屯倉白猪胆津

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田令の関連情報