コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白璧の微瑕 ハクヘキノビカ

デジタル大辞泉の解説

白璧(はくへき)の微瑕(びか)

昭明太子「陶淵明集序」から》白色宝玉にわずかなきずがあること。ほとんど完全な物事に、少し欠点があることのたとえ。玉にきず。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はくへきのびか【白璧の微瑕】

〔梁昭明太子「陶淵明集序」〕
白玉にわずかなきずがあるように、ほぼ完全なものに少しの欠点があることのたとえ。玉にきず。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白璧の微瑕の関連キーワード白玉白璧

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android