コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石照山 しらいし しょうざん

1件 の用語解説(白石照山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石照山 しらいし-しょうざん

1815-1883 江戸後期-明治時代の漢学者。
文化12年8月10日生まれ。豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)藩士の子。江戸で古賀侗庵(どうあん)に師事し,ついで昌平黌(しょうへいこう)にまなぶ。帰藩して,家塾晩香堂をひらく。門人に福沢諭吉らがいる。のち豊後(ぶんご)(大分県)臼杵(うすき)藩の藩校学古館の教授となる。明治16年10月3日死去。69歳。本姓は久保田。名は牧。字(あざな)は伯羊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

白石照山の関連キーワード金子蓑香岸田稲処昇斎一景鈴木義敬関直吉杣田光明服部善七山田宗寿山登検校(2代)六郷新三郎(5代)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone