コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白神新一郎(初代) しらが しんいちろう

2件 の用語解説(白神新一郎(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白神新一郎(初代) しらが-しんいちろう

1818-1882 明治時代の宗教家。
文政元年5月25日生まれ。岡山で米穀商をいとなむ。眼病で失明し,明治3年金光(こんこう)教に入信。教祖川手文治郎(金光大神)との出会いで眼病がなおる。翌年教義の解説書「御道(おみ)案内」を執筆し,8年から大阪で教勢拡大につとめた。明治15年4月24日死去。65歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

白神新一郎(初代)

没年:明治15.4.24(1882)
生年:文政1.5.25(1818.6.28)
初期金光教の布教功労者。普通には「しらかみ」が姓として用いられるが,これは金光教祖川手文治郎から与えられた神号である。岡山中之町の池田家御用達米穀商の家に生まれた。安政6(1859)年に眼病を患い,明治2(1869)年に藤井きよのを通じて金光教を知った。翌年には川手と出会い,眼病が完治,同8年から大阪布教に着手した。再三にわたる警察の弾圧にもかかわらず,「病気直し」を中心に金光教を大阪に拡大した。金光教の最初の布教文書『お道案内』を明治3年に著し,同書は開教期金光教の思想を知る貴重な史料である。<参考文献>佐藤金造『初代白神新一郎師』,桂島宣弘『幕末民衆思想の研究』

(桂島宣弘)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

白神新一郎(初代)の関連キーワードフォンタネージ早稲田大学梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席佐田介石

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone