コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白耳義 ベルギー

大辞林 第三版の解説

ベルギー【白耳義】

ヨーロッパ西部、北海に臨む立憲君主国。金属・機械・化学・食品加工などの工業が発達。酪農も盛ん。住民はオランダ語を使用する北部のフラマン系と、フランス語を使用する南部のワロン系から成る。カトリック教徒が多い。1830年オランダから独立。首都ブリュッセル。面積3万1千平方キロメートル。人口1040万( 2005)。正称、ベルギー王国。 〔「白耳義」とも当てた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

白耳義の関連キーワード伯・剥・剝・博・帛・拍・搏・柏・泊・白・箔・粕・膊・舶・薄・迫・魄

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白耳義の関連情報