コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白髪染 しらがぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白髪染
しらがぞめ

白髪を黒く染めること,またはその薬剤。日本では古来,おもに女性のたしなみとして行われ,種々の染料が用いられていたが,明治以降は,酸化染料の p体のフェニレンジアミン (通称パラミン) が用いられている。使用法はパラミンに過酸化水素水を合せ,酸化反応によって黒化することを利用して毛髪を染める。ただし,この染髪は個人によってアレルギー症状が起るので,使用前の反応テストが必要。また終了後は手早く洗い落す必要もある。最近はリンスとして使ううちに自然に白髪が目立たなくなるカラーリンスや,スプレータイプやブラシで塗布するヘア・マニキュアが手軽さから人気を集めている。カラーリンスもヘア・マニキュアも髪の表面だけに一時的に色素を吸着させるため,髪の傷みが少い。 (→毛染 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

白髪染の関連キーワードフェミニン コームタッチ白毛症(しらが/白髪)マロン マインドカラーサロンドプロメンズビゲンディオーサブローネ北田薄氷シンプロホーユービゲンパオンシエロ粉薬

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白髪染の関連情報