毛染(読み)けぞめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毛染
けぞめ

毛髪を染めること,またはその剤。日本では普通白髪染 (しらがぞめ) をさす言葉であった。古くは斎藤実盛が髪を黒くして出陣したという故事もあり,明治以降も,酸化染剤パラフェニレンジアミンによる白髪染は女性のたしなみとして流行した。ヨーロッパやエジプトでは,自然の毛色の多様性から,色染の風習があり,第2次世界大戦後は,日本もヘアダイとして多色の毛染が行われている。ただ日本人の毛髪の色素が濃いため,過酸化水素水による脱色が必要で,これをヘアブリーチといっているが,逆に脱色を加減して毛染と同じ効果をあげる美容法もある。また一時的な毛染としてカラークレヨン,カラースプレーの使用も行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けぞめ【毛染】

頭髪を染めることを目的として,古来さまざまな化粧品,染毛剤が用いられてきた。古代エジプトでは黒い牡牛などの血を使った白髪染や,(かつら)を染めることも行われていた。古代ギリシア・ローマではブロンドの髪が好まれ,羊の脂とブナの木の灰を混ぜた〈サポ〉をすり込み,洗い落としたあと,太陽にさらして金髪になるのを待ったという。黒や褐色に染めるためには,古くからヘンナの葉,カミツレの花,クルミの殻,ビンロウジュの実などが用いられていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

け‐ぞめ【毛染】

〘名〙
① 毛髪を染めること。また、その薬品。毛染め薬。
※ボッチチェリの扉(1961)〈森茉莉〉「妙にどす黒い、余り見たことのない顔色をしてゐた。毛染めの薬にかぶれた跡だといふことが後で判ったのだが」
原毛を洗浄後、紡績工程前にばら毛のままで染色すること。霜降り糸あるいはホームスパン用の糸などを作る時に行なう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毛染の関連情報