コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百一 ヒャクイチ

2件 の用語解説(百一の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひゃく‐いち【百一】

100の中の一つ。100分の1。
《百の言のうち真実は一つだけである意から》うそつき。千三つ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の百一の言及

【金貸】より

…烏金(からすがね)というのは一昼夜を期限としたもので,明烏(あけがらす)が鳴けば返すというのでこの名があった。百一(ひやくいち),百一文と呼ばれたのは,朝100文を借りると夕方に101文返すもので,棒手振(ぼてふり)の行商人などには必要不可欠ともいえる金融機関であった。朝,元手の金を借りて野菜,魚貝などを仕入れ,1日売り歩いてその晩元利を返済する。…

※「百一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

百一の関連キーワード再婚禁止期間タイソン ゲイ利回り北島康介藤田秀世西澤裕介百万遍念仏気温仁王会ラスパイレス指数

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

百一の関連情報