百合羊羹(読み)ゆりようかん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原料の一つに百合根(ゆりね)を使用した羊かん。かつて島根県浜田市の名物であったものは、棹(さお)もの1本に手亡(てぼう)(インゲンマメの一種)270グラム、百合根の粉末30グラムが配合されていた。大正天皇の浜田地方旅行のおり、同市の開盛堂がヒメユリの球根を羊かんにつくり献上したのが始まりで、持明院子爵から「姫ゆりの姿かはれど美しき花のにほひのしのばるるかな」と賞されたという。

 百合根は鎌倉時代から珍味とされ、宮中の式事などにはしばしば百合羹が用いられた。宮内省御用を務めた塩瀬の百合羹の場合は、百合根45%に対し、手亡5%、精糖50%の配合であった。

[沢 史生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android