コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済仁貞 くだらの にんじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百済仁貞 くだらの-にんじょう

?-791 奈良時代の官吏。
宝亀(ほうき)8年(777)従五位下。備前守(かみ)をへて,延暦(えんりゃく)8年中宮亮(すけ)となり,藤原乙牟漏(おとむろ)につかえる。9年藤原継縄(つぐただ)らと皇太后高野新笠(たかのの-にいがさ)の一周忌御斎会司(ごさいえのつかさ)をつとめた。左中弁で木工頭(もくのかみ)をかね,従四位下にすすむ。延暦10年7月29日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百済仁貞の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android