百済記・百済新撰・百済本記(読み)くだらきくだらしんせんくだらほんき

世界大百科事典 第2版の解説

くだらきくだらしんせんくだらほんき【百済記・百済新撰・百済本記】

日本書紀》の注に引用された百済の史書。《百済記》は物語的で,神功~雄略紀にみえるから近肖古王~蓋鹵(がいろ)王の時代(346‐475),《百済新撰》は編年体のようで,雄略~武烈紀にみえるから蓋鹵王武寧王の時代(455‐523),《百済本記》は日付に干支まで添え,継体~欽明紀にみえるから武寧~威徳王即位の時代(501‐554)をそれぞれ記述していたと推測される。各書の全巻の記述範囲・成立年代・撰者などは不明。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android