コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済記・百済新撰・百済本記 くだらきくだらしんせんくだらほんき

1件 の用語解説(百済記・百済新撰・百済本記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くだらきくだらしんせんくだらほんき【百済記・百済新撰・百済本記】

日本書紀》の注に引用された百済の史書。《百済記》は物語的で,神功~雄略紀にみえるから近肖古王~蓋鹵(がいろ)王の時代(346‐475),《百済新撰》は編年体のようで,雄略~武烈紀にみえるから蓋鹵王~武寧王の時代(455‐523),《百済本記》は日付に干支まで添え,継体~欽明紀にみえるから武寧~威徳王即位の時代(501‐554)をそれぞれ記述していたと推測される。各書の全巻の記述範囲・成立年代・撰者などは不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

百済記・百済新撰・百済本記の関連キーワード鬼室集斯日本書紀日本書紀通釈日本書紀通証武寧王久羅麻致支弥千熊長彦日鷹堅磐法師君莫古

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone