コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百済記・百済新撰・百済本記 くだらきくだらしんせんくだらほんき

世界大百科事典 第2版の解説

くだらきくだらしんせんくだらほんき【百済記・百済新撰・百済本記】

日本書紀》の注に引用された百済の史書。《百済記》は物語的で,神功~雄略紀にみえるから近肖古王~蓋鹵(がいろ)王の時代(346‐475),《百済新撰》は編年体のようで,雄略~武烈紀にみえるから蓋鹵王武寧王の時代(455‐523),《百済本記》は日付に干支まで添え,継体~欽明紀にみえるから武寧~威徳王即位の時代(501‐554)をそれぞれ記述していたと推測される。各書の全巻の記述範囲・成立年代・撰者などは不明。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百済記・百済新撰・百済本記の関連キーワード任那日本府

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android