コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蓋鹵王 がいろおうKae‐ro‐wang

世界大百科事典 第2版の解説

がいろおう【蓋鹵王 Kae‐ro‐wang】

?‐475
朝鮮,百済の王。〈こうろおう〉とも読む。在位455‐475年。諱(いみな)は慶司。中国史書には余慶とあり,《日本書紀》では加須利君とも記す。457年,みずから宋に封冊を求めて鎮東大将軍に任ぜられ,翌458年には重臣11人の任官も要請するなど,国際社会における地位の強化と国内支配の権威づけにつとめた。しかし当時高句麗の南下が著しく,472年には高句麗への出兵を魏に要請したがいれられなかった。そして475年高句麗長寿王の軍勢によって王都漢城(広州)がおとされ,蓋鹵王は斬殺された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の蓋鹵王の言及

【百済】より

…百済での王者擁立の争いは,高句麗,日本ほど激しくなかったが,第2期から第3期にかけて,しばしばみられる。 475年に王都漢山城が高句麗に攻め落とされ,蓋鹵(がいろ)王は殺害された。蓋鹵王はこの敗戦を事前に察知し,子の文周を南方に逃がし,百済の再建を計った。…

【蓋鹵王】より

…しかし当時高句麗の南下が著しく,472年には高句麗への出兵を魏に要請したがいれられなかった。そして475年高句麗長寿王の軍勢によって王都漢城(広州)がおとされ,蓋鹵王は斬殺された。百済は錦江中流の熊津(公州)に都を移し,かろうじてその命脈を保った。…

※「蓋鹵王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蓋鹵王の関連キーワード百済記・百済新撰・百済本記百済(くだら 朝鮮)汶洲王

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android