皆川マス(読み)みなかわ マス

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

皆川マス みなかわ-マス

1874-1960 明治-昭和時代の絵付師。
明治7年4月10日生まれ。10歳で栃木県益子町の鳥羽絵師皆川伝次郎の養女となり,山水絵付けをまなぶ。15歳から益子焼の絵付け職人としてはたらく。昭和13年絵付土瓶がベルリンの第1回国際手工芸博覧会で特選となった。昭和35年7月8日死去。86歳。栃木県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android