コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土瓶 とうびょう

5件 の用語解説(土瓶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土瓶
とうびょう

日本の中国,四国地方でいう憑物 (つきもの) の一つ。当廟とも書き,トンボ神,トンベ神などともいう。本体は小さなへびまたはきつねと信じられている。首に黄色い輪をもつ,75匹が一塊になっている,これをかめの中に入れて土中または床下で養う,などといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ど‐びん【土瓶】

茶を入れたり、湯をわかしたりするのに用いる陶製の器。胴に注ぎ口がつき、肩の両側の耳につるをかけたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どびん【土瓶】

陶器の一。丸い胴の一方に口がつき、肩の両側に耳をつけその間につるをかけたもの。茶を入れたり薬を煎せんじるのに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

どびん【土瓶】

湯茶を沸かしたり薬を煎じたりするのに用いる、注ぎ口とつるのついた陶製の容器。土瓶蒸しに用いるものもある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土瓶
どびん

陶製、まれには磁製の茶沸かし、または湯沸かし用具。胴から突き出た注(つ)ぎ口をもち、つるが付属している。名称が文献に現れる早い例として『兵範記(へいはんき)』仁安(にんあん)3年(1168)11月21日条に「瓶子(へいじ)には土瓶を用い」と記す。しかし、訓はさだかではないし、ここでは後世の銚子(ちょうし)のような酒器をさしている。のちに、文明(ぶんめい)本『節用集(せつようしゅう)』をはじめとする室町時代中期以降の古辞書類にもみえるから、その名称は室町時代以降一般的になったようである。ただしその用途は、前述のとおり酒器であり、現在のような茶用の土瓶の出現は、江戸時代以降、飲茶の習慣が一般的になってからのことと考えられる。「どびん」という読み方については、『節用集』に訓を収め、また『日葡(にっぽ)辞書』にもDobinと表記されている。ただ江戸時代には「どひん」とよばれていた地域もあり、江戸時代中期の方言辞書『物類称呼(ぶつるいしょうこ)』には常陸(ひたち)・出雲(いずも)・四国を例にあげている。また『皇都午睡(こうとごすい)』には、上方(かみがた)では「どひん」というが、江戸では「どびん」と濁ると記す。[森谷尅久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土瓶の関連キーワード京間中国地方鱚子四国天道花とうびょう嘘吐き祝三杯雛荒し中国地方の子守唄

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土瓶の関連情報