コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇覧 こうらんHuang-lan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皇覧
こうらん
Huang-lan

中国最初の類書。三国魏の文帝の命により編纂された。『隋書経籍志』には皇覧 120巻をあげ,繆卜らの撰としているが,そのとき劉劭などが加わっていたと考えられる。現在散逸しているので全体の構成はわからないが,五経や群書を集め,類目によって分けたという編纂の仕方からみて,さまざまな内容のものが分類,記載されていたと考えられる。皇覧という名称は,皇帝の閲覧すべき参考書といった意味に解釈されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

皇覧の関連キーワード百科事典曹丕

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android