参考書(読み)さんこうしょ

精選版 日本国語大辞典「参考書」の解説

さんこう‐しょ サンカウ‥【参考書】

〘名〙 ある事柄を調べる際に、参考として用いる書物。特に、教科書と並行して用いる学習用のもの。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉学生「渠(かれ)へる歴史地理は参考書さへあれば誰でも出来る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「参考書」の解説

さんこう‐しょ〔サンカウ‐〕【参考書】

調査・研究・教授・学習などの際に参考とする書物。「受験参考書
[類語]虎の巻あんちょこ副教材副読本指導書ワークブック

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の参考書の言及

【受験参考書】より

…しかし,学校教育の普及が遅れているとき,人々は本だけを頼りに試験合格をめざすことになる。明治年間には,学校に行きたくても行けない人々のための受験参考書が数多く出版された。初めは学校用の教科書がそのまま独学用の受験参考書とされたが,やがて,教科書のわかりにくいところを懇切ていねいに解説する講義録形式の本がふえ,さらには,実際の試験問題と類似の問題を数多く並べて〈実戦〉に備えられるよう配慮されたものが現れた。…

※「参考書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android