皮鯨(読み)カワクジラ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐くじら〔かはくぢら〕【皮鯨】

鯨の黒い表皮およびその下の白い脂肪層のこと。炒めたり煮たりして賞味

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわくじら【皮鯨】

鯨の皮下の脂肪の部分を塩漬けにした食品。 「 -の吸物といへば/浮世草子・永代蔵 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の皮鯨の言及

【クジラ(鯨)】より

…(2)脂皮類 本来採油原料として用いられるが,ヒゲクジラでは近年鯨油価が低下し,もっぱら原形で食用とされる場合が多い。マッコウクジラの脂皮の一部は〈コロ(皮鯨)〉と呼ばれるものに加工され,関西方面のおでん材料には不可欠なものとなっている。(3)内臓類 〈百尋〉と呼ばれる小腸をはじめとし,ほとんどの内臓類が食用となるが,これらはおもに九州地方で消費される場合がほとんどである。…

※「皮鯨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android