目に掛ける(読み)メニカケル

  • に 掛(か)ける
  • 目(め)に掛(か)・ける

デジタル大辞泉の解説

ひいきする。めんどうを見る。目を掛ける。「課長が―・けている部下」
目にとめる。また、めざす。
「―・けたるかたきを討たずして」〈平家・四〉
はかりにかける。→御目(おめ)に掛ける
「刻み昆布して―・けて売出し」〈浮・永代蔵・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 目にとめる。また、めざす。
※月清集(1204頃)下「はるかなるみかみのたけをめにかけていくせねたりぬやすのかはなみ」
② (多く上に「御」を付けて) 見せる。御覧に入れる。→御目(おめ)に掛ける
③ ひいきにする。特別に面倒を見る。
※大乗院寺社雑事記‐文明二年(1470)六月二〇日「取分懸目者如此間可扶持者、可喜悦者也」
④ 秤(はかり)に掛ける。
※俳諧・鷹筑波(1638)四「目にかけてみる紅葉葉やしゅてんひん〈盛成〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android