目の下(読み)メノシタ

デジタル大辞泉の解説

め‐の‐した【目の下】

目の下の部分。「目の下の傷」
見下ろした所。眼下。「目の下に広がる雲海」
魚の目から尾までの長さ。魚の大きさをはかるときの基準とする。「目の下タイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めのした【目の下】

見下ろしたすぐ下。眼下。
魚の大きさを表す語。目から尾の先までの長さ。 -三尺の大鯛おおだい

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

め【目】 の 下(した)

のすぐ下の部分。「目の下に隈ができる」
※太平記(14C後)一九「左の目の下より、右の口脇鼻まで、(きっさき)深に切付られて」
② 見おろすすぐ下。眼下
※海道記(1223頃)池田より菊川「両谷の杪を眼の下に見て」
③ 魚の大きさを測定する基準。目から尾の先までの長さ。
※俚言集覧(1797頃)「目の下何尺 凡て魚に云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目の下の関連情報