コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目の下 メノシタ

デジタル大辞泉の解説

め‐の‐した【目の下】

目の下の部分。「目の下の傷」
見下ろした所。眼下。「目の下に広がる雲海」
魚の目から尾までの長さ。魚の大きさをはかるときの基準とする。「目の下一尺のタイ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

めのした【目の下】

見下ろしたすぐ下。眼下。
魚の大きさを表す語。目から尾の先までの長さ。 「 -三尺の大鯛おおだい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

目の下の関連キーワードタマガンゾウビラメ眉白水鶏・眉白秧鶏タシュトゥイク文化ビロードキンクロヨコスジカジカこんにゃく問答ニホンカモシカバラハイゴチビロード金黒セレベスゴチサラサゴンベコンシーラーイボイノシシボロカサゴハクビシンアコウダイヒメキチジアネサゴチトカゲゴチエンマゴチ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目の下の関連情報