目を眠る(読み)メヲネムル

  • を 眠(ねむ・ねぶ)る
  • 目(め)を眠(ねむ)・る

精選版 日本国語大辞典の解説

① 目を閉じる。目をつむる。
※太平記(14C後)二四「虚空に向ひ目を眠(ネフ)り、口に文呪したるに」
② 見て見ぬふりをする。
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)上「目をねふっても聞所、見所は見てゐる」
③ 死ぬ。瞑目(めいもく)する。
※滑稽本・大千世界楽屋探(1817)下「わたしが目の黒い中はよけれど、翌(あす)が日目(メ)をねぶったら埒くちはあるめへと云ってをりましたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android