目を眠る(読み)メヲネムル

  • を 眠(ねむ・ねぶ)る
  • 目(め)を眠・る

精選版 日本国語大辞典の解説

を閉じる。目をつむる。
※太平記(14C後)二四「虚空に向ひ目を眠(ネフ)り、口に文呪したるに」
② 見て見ぬふりをする。
※浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)上「目をねふっても聞所、見所は見てゐる」
③ 死ぬ。瞑目(めいもく)する。
※滑稽本・大千世界楽屋探(1817)下「わたしが目の黒い中はよけれど、翌(あす)が日目(メ)をねぶったら埒くちはあるめへと云ってをりましたが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android