コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日目 にちもく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日目 にちもく

1260-1333 鎌倉時代の僧。
文応元年4月28日生まれ。日蓮宗日興に師事し,日蓮につかえる。日蓮の死後,陸奥(むつ)(宮城県)に布教し,本源寺,妙教寺などをひらく。のち駿河(するが)(静岡県)富士に大石寺をひらいた日興にしたがい,同寺2世となった。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年11月15日死去。74歳。伊豆(いず)田方郡(静岡県)出身。俗姓は新田。号は蓮蔵房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

日目 (にちもく)

生年月日:1260年4月28日
鎌倉時代後期の日蓮宗の僧
1333年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の日目の言及

【大石寺】より

…大石寺はこの本門寺とともに,日興門流(富士門流)の二大拠点の一つ。 日興は1333年(元弘3)大石寺を日目に,本門寺を日代に譲り,没した。同年,日目は日興の遺命に従い,日蓮の法門を天皇に上奏すべく,大石寺の留守を日道に託して出立したが,上洛途上で没した。…

※「日目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日目の関連キーワード彼岸太郎,八専次郎,土用三郎,寒四郎彼岸太郎八専次郎土用三郎寒四郎産立ちの祝い・産立ちの祝かりほ住いの祝いペンテコステ10種競技聖霊降臨祭産立ちの祝デカスロン名付け祝い真魚始め八専太郎雪隠詣り生年月日五巻の日産土参り四十九日一番出世三十五日七日七日

日目の関連情報