目付柱(読み)メツケバシラ

大辞林 第三版の解説

めつけばしら【目付柱】

能舞台の向かって左手前の柱。舞のとき目標とする。見付柱。 → 能舞台

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の目付柱の言及

【能舞台】より

…これにアト座,地謡座,橋掛り(橋懸りとも)をつける。柱のうち目付柱(めつけばしら)はとくに重要で,演者にとっては演技の目標となる。笛柱と屋根の内側には《道成寺》の鐘の〈作り物〉を吊るための鐶(かん)がある。…

※「目付柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android