コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目付柱 メツケバシラ

百科事典マイペディアの解説

目付柱【めつけばしら】

能舞台

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

めつけばしら【目付柱】

能舞台の向かって左手前の柱。舞のとき目標とする。見付柱。 → 能舞台

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の目付柱の言及

【能舞台】より

…これにアト座,地謡座,橋掛り(橋懸りとも)をつける。柱のうち目付柱(めつけばしら)はとくに重要で,演者にとっては演技の目標となる。笛柱と屋根の内側には《道成寺》の鐘の〈作り物〉を吊るための鐶(かん)がある。…

※「目付柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

目付柱の関連キーワード仕舞柱能面

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android