コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目抜 メヌケ

デジタル大辞泉の解説

め‐ぬけ【目抜】

フサカサゴ科の海水魚のうち、体色が赤い大形種の総称。バラメヌケ・オオサガ・サンコウメヌケ・アコウダイなど。いずれも深海の岩礁にすみ、釣り上げられると水圧急変のため目が飛び出す。食用 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めぬけ【目抜】

〔釣り上げられると水圧の急変で目が飛び出すことから〕
カサゴ目フサカサゴ科の海魚のうち、目が大きく赤色の大形種の総称。バラメヌケ・オオサガ・サンコウメヌケなど。食用。太平洋北部の深海域に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目抜の関連キーワードムラビヨフアムールスキー通りボージョーアウンサン通りフェズエルジェディド通りレスタウラドーレス広場オルサンミケーレ教会グラフトンストリートスベトランスカヤ通りパレサンビトレス通りハビブブルギバ通りコートニープレーススロベンスカ通りカタルーニャ広場ゲディミナス通りケルントナー通りメーンストリートオーチャード通りプリンスィズ通りポンバル侯爵広場リベルダーデ通りカラカウア通り

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android