コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直世王 なおよおう

1件 の用語解説(直世王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直世王 なおよおう

777?-834 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
宝亀(ほうき)8年?生まれ。長田王の孫。清原王の王子。文室(ふんやの)助雄の父。弘仁(こうにん)7年蔵人頭(くろうどのとう),12年参議兼左大弁,天長7年には従三位,中納言兼中務卿(なかつかさきょう)となる。淳和(じゅんな)上皇の詔により「日本後紀」の編修に参加。薬師寺最勝会(さいしょうえ)を創始するよう奏上した。承和(じょうわ)元年1月4日死去。58歳?

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

直世王の関連キーワードボーイング777仁明天皇承和魚住泊親権エアバスA380超大型ジェット旅客機貴ノ浪貞博クラシックジャンボ福岡空港のアムステルダム便ワシントン条約と種の保存法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone