コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直世王 なおよおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直世王 なおよおう

777?-834 平安時代前期の公卿(くぎょう)。
宝亀(ほうき)8年?生まれ。長田王の孫。清原王の王子。文室(ふんやの)助雄の父。弘仁(こうにん)7年蔵人頭(くろうどのとう),12年参議兼左大弁,天長7年には従三位,中納言兼中務卿(なかつかさきょう)となる。淳和(じゅんな)上皇の詔により「日本後紀」の編修に参加。薬師寺最勝会(さいしょうえ)を創始するよう奏上した。承和(じょうわ)元年1月4日死去。58歳?

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

直世王の関連キーワード真世王

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android