コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直庵宗観 じきあん そうかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直庵宗観 じきあん-そうかん

?-? 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。越中(富山県)立山(りゅうせん)寺の大徹宗令(だいてつ-そうれい)(1333-1408)の法をつぐ。能登(のと)(石川県)総持寺にはいり,ついで立山寺の住持となる。のち石見(いわみ)(島根県)霊光院の開山(かいさん)となった。上野(こうずけ)(群馬県)出身。別号永高

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

直庵宗観の関連キーワード室町時代曹洞

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android