コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永高 えいだか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永高
えいだか

永盛,永別ともいい,永楽銭の価額で表示された年貢収納。年貢の銭納は鎌倉時代末期から広く行われたが,室町時代になって輸入された明の楽銭が良質の銅貨として流通したので,銭納の表示に永楽銭が基準とされた。戦国大名が好んで取入れた貫高制も,永高による年貢の収納高を表示したもので,たとえば関東の後北条氏 (→北条氏 ) は永楽銭の価値を精銭の2倍として,知行宛行などすべてこれによった。永高は特に関東で行われ,太閤検地以後の石高制の前段階をなすが,慶長 13 (1608) 年の永楽銭通用禁止以後消滅していった。しかし一部には貨幣計算の単位として鐚銭 (びたせん) と対比して併用され,特に天領の銭納年貢の表示には永1貫文を鐚4貫文とした。また口永,川永,山永のような名称として残った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

えい‐だか【永高】

室町時代、永楽銭を基準として算定した年貢の収納高。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

永高【えいだか】

室町時代,永楽通宝によって表示した年貢(ねんぐ)収納高。東国特有のもの。太閤検地以後は,原則として石高(こくだか)に統一されたが,江戸時代にも小物成(こものなり)の表示に残る。
→関連項目検地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えいだか【永高】

中世後期に永楽銭(永楽通宝)を基準として算定した年貢収納高で,関東特有の現象である。永積,永盛,永別などの呼称もある。年貢銭納は鎌倉末期に始まり,領主が知行地を分銭何貫文の地と表示する貫高制が成立したが,永楽銭の通用がひろまるにつれて東国ではそれが諸種の銭貨の中で基準たる地位をしめるにいたり,後北条氏が年貢銭納を永楽銭に限定し,永楽銭による分銭高を永高と称し,その慣習がひろく関東一円にひろまった。後北条氏の場合は永高と従来の貫高との比率を1対2としたが,地域によって一様ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えいだか【永高】

室町時代、永楽銭を基準として換算した年貢収納高。1608年江戸幕府は永楽銭の通用を禁止したが、田畑の年貢高などの表示形式として明治初年まで使用された。永盛えいもり。永別。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永高
えいだか

田畑に課せられる年貢を永楽銭(えいらくせん)で見積もったもの。東国地方で行われた。永積(えいづもり/えいづみ)、永盛(えいもり)、永別(えいべつ)ともいう。関東を中心に永楽銭は早くから流通し、他の各種通貨の基準としての地位を占めていた。後北条(ごほうじょう)氏は永楽銭の価値を精銭(せいせん)の2倍とし、これを基準とする永高を用いた。年貢の徴収も永楽銭何貫文といった形で割り付けたので、田畑、村高を永(えい)何貫文と表現するようになった。1608年(慶長13)幕府は永楽銭の流通を禁止したため、永高は公式には消滅した。しかし、相模(さがみ)地方などでは田畑の評価や貨幣計算に明治初期まで使われていた。[吉永 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の永高の言及

【役高】より

…加番大名には役高の四つ物成(よつものなり)(4割)の合力米が支給されていた。このほか足高(たしだか)制における各役職の基準石高を役高ということもあり,また永高(えいだか)を用いていた遠江,三河の一部地域では,永1貫文を5石とする諸掛物(しよかかりもの)の賦課基準を役高と称した。【松尾 美恵子】。…

※「永高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

永高の関連キーワード杉山 長谷夫5月17日河井 荃廬直庵宗観吉永膳所明銭

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

永高の関連情報