コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永高 えいだか

6件 の用語解説(永高の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永高
えいだか

永盛,永別ともいい,永楽銭の価額で表示された年貢収納高。年貢の銭納は鎌倉時代末期から広く行われたが,室町時代になって輸入された明の永楽銭が良質の銅貨として流通したので,銭納の表示に永楽銭が基準とされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えい‐だか【永高】

室町時代、永楽銭を基準として算定した年貢の収納高。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

永高【えいだか】

室町時代,永楽通宝によって表示した年貢(ねんぐ)収納高。東国特有のもの。太閤検地以後は,原則として石高(こくだか)に統一されたが,江戸時代にも小物成(こものなり)の表示に残る。
→関連項目検地

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えいだか【永高】

中世後期に永楽銭(永楽通宝)を基準として算定した年貢収納高で,関東特有の現象である。永積,永盛,永別などの呼称もある。年貢銭納は鎌倉末期に始まり,領主が知行地を分銭何貫文の地と表示する貫高制が成立したが,永楽銭の通用がひろまるにつれて東国ではそれが諸種の銭貨の中で基準たる地位をしめるにいたり,後北条氏が年貢銭納を永楽銭に限定し,永楽銭による分銭高を永高と称し,その慣習がひろく関東一円にひろまった。後北条氏の場合は永高と従来の貫高との比率を1対2としたが,地域によって一様ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えいだか【永高】

室町時代、永楽銭を基準として換算した年貢収納高。1608年江戸幕府は永楽銭の通用を禁止したが、田畑の年貢高などの表示形式として明治初年まで使用された。永盛えいもり。永別。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

永高
えいだか

田畑に課せられる年貢を永楽銭(えいらくせん)で見積もったもの。東国地方で行われた。永積(えいづもり/えいづみ)、永盛(えいもり)、永別(えいべつ)ともいう。関東を中心に永楽銭は早くから流通し、他の各種通貨の基準としての地位を占めていた。後北条(ごほうじょう)氏は永楽銭の価値を精銭(せいせん)の2倍とし、これを基準とする永高を用いた。年貢の徴収も永楽銭何貫文といった形で割り付けたので、田畑、村高を永(えい)何貫文と表現するようになった。1608年(慶長13)幕府は永楽銭の流通を禁止したため、永高は公式には消滅した。しかし、相模(さがみ)地方などでは田畑の評価や貨幣計算に明治初期まで使われていた。[吉永 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の永高の言及

【役高】より

…加番大名には役高の四つ物成(よつものなり)(4割)の合力米が支給されていた。このほか足高(たしだか)制における各役職の基準石高を役高ということもあり,また永高(えいだか)を用いていた遠江,三河の一部地域では,永1貫文を5石とする諸掛物(しよかかりもの)の賦課基準を役高と称した。【松尾 美恵子】。…

※「永高」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永高の関連キーワード永楽妙全永楽銭鐚銭永楽永楽通宝永楽窯洪武銭永楽焼古銭慶長通宝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

永高の関連情報