コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直接的接触 ちょくせつてきせっしょくdirect contact

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直接的接触
ちょくせつてきせっしょく
direct contact

社会学用語。接触が種々のメディアを通じてではなく,肉眼で見たり,直接相手の話を聞いたり,手で触れたりなどという,直接に感覚器官を通じて行われる場合をさす。 C.H.クーリーが名づけた第1次集団は,直接的接触を主とする集団であり,間接的接触が多い集団は,第2次集団と呼ばれている。小集団も一般的に,直接的接触に基礎をおく少数者から成り立つ集団として定義づけられている。一般には直接的接触が再評価される傾向が目立つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

直接的接触の関連キーワードアルカイク美術無文字社会投票行動社会関係農村

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直接的接触の関連情報