コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直胤 なおたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直胤 なおたね

1779-1857 江戸時代後期の刀工。
安永8年生まれ。出羽山形の人。江戸で正秀にまなび,山形藩主秋元家につかえる。筑前大掾(ちくぜんのだいじょう),美濃介(みののすけ)を受領常陸(ひたち)(茨城県)助川から備中(びっちゅう)(岡山県)まで,各地にまねかれて作刀した。幕末期の名工のひとり。安政4年5月27日死去。79歳。姓は荘(庄)司。通称は箕兵衛(みへえ)。号は大慶

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

直胤

没年:安政4(1857)
生年:安永8(1779)
江戸後期の刀工。出羽国山形生まれ。本名は庄司箕兵衛,大慶と号した。寛政(1789~1801)の終わりごろに江戸に出て水心子正秀の門に入り,文政5(1822)年ごろ筑前大掾を,嘉永1(1848)年に美濃介を受領している。作風は初期には師の正秀に似て,沸のよく付いた濤瀾刃や大互の目乱れの刃文が多く,のちに備前刀写しの丁字乱れを焼く。いずれも優れた出来をみせており,清麿と共に幕末期を代表する刀工と評価される。江戸下谷御徒町に住み,門人,知人のいる三河(愛知県)誉母,上総(千葉県)東金,相模(神奈川県)二宮,伊豆,遠州(静岡県),信濃(長野県),大坂,京都,丹後宮津(京都府),備中(岡山県)など各地を廻って作刀している。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

直胤の関連キーワード本荘義胤(初代)国包(12代)黒川 フシ六石園飯持堀井胤吉山崎直三横川良助千葉康胤正宗雅敦大慶直胤黒川フシ赤塚城原胤房没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直胤の関連情報