コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直説法 チョクセツホウ

デジタル大辞泉の解説

ちょくせつ‐ほう〔‐ハフ〕【直説法】

indicative mood》ヨーロッパ諸語などの文における法の一。話し手が主観的要素を交えずに事実をそのままに述べる語法。一般の叙述文は多くこれに属する。直接法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょくせつほう【直説法】

インド-ヨーロッパ語などの文法での動詞の法の一。事実を事実として述べるもの。 → 仮定法命令法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の直説法の言及

【法】より

…動詞にみられる文法的カテゴリーの一つで,状況・行為に対する話し手の主観的な心持ちのありよう――願望,可能,義務,命令,さらに疑問,否定など――にかかわる。 たとえば,ラテン語では直説法,接続法,命令法の3種が動詞の形態によって区別される。cantare〈歌う〉を例にとれば,一人称単数・現在・能動の直説法形はcantōであるのに対し,接続法形はcantemである。…

※「直説法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

直説法の関連キーワードインド・ヨーロッパ語族テトスへの手紙エスペラントスペイン語アオリストロシア語カワード牧会書簡接続法仮定法命令法屈折語ワズ動詞

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android