コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄養剤 えいようざい

2件 の用語解説(栄養剤の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えいようざい【栄養剤】

栄養の不足を補い,アンバランスを調整するために服用する薬を総称していう。一般にはビタミン剤アミノ酸製剤ミネラル製剤,滋養強壮剤のことをさすが,広義には一般輸液,高カロリー輸液,宇宙食や外科栄養法に用いられる成分栄養剤elemental dietも含まれる。いわゆる栄養ドリンク剤は,疲労回復のため,また健康保持,体力増強,さらに強健になることを望んで服用されており,日本人の薬好きを反映し,消費量も,清涼飲料水に分類されているものも加えると年間数十億本にのぼる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栄養剤
えいようざい

栄養の不足を補うために用いられる薬剤。日本標準商品分類では滋養強壮変質剤となっている。栄養素にはタンパク質、脂肪、炭水化物ビタミン無機塩類があり、このうち微量で有効なのがビタミンと無機塩類である。脂肪、炭水化物は主としてカロリー源となり、タンパク質はアミノ酸に分解されてふたたび生体のタンパク質を構成する。したがって炭水化物、脂肪、タンパク質は食物として摂取するのが普通であり、一般的に栄養剤は各種ビタミンを主とし、それに微量の無機物を添加したものが用いられる。
 ビタミン類のほか、アミノ酸やタンパク分解物、生体成分が用いられるが、カロリーの補給にはある程度の量が必要であり、少量の薬剤では栄養そのものを補うことはできない。そこで経口的に食物が摂取できない場合には、牛乳や卵などの栄養価の高い食品を液状のまま直腸に注入する栄養浣腸(かんちょう)や、経管栄養といって鼻腔(びくう)から食道を経て胃までチューブを挿入して直接栄養剤を注入する方法がある。そして経管栄養(成分栄養剤)にはアミノ酸、糖、ビタミン、無機塩類を適量含有する薬剤が用いられ、エレメンタル・ダイエットと称して完全に吸収されてしまう栄養剤がつくられるまでになった。一方注射剤としても、体液より浸透圧を高くしたアミノ酸と糖にビタミン、無機塩類を加えたものが使われ、さらに脂肪乳剤の点滴静脈注射が可能となり、高カロリー栄養輸液が完成した。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養剤の関連キーワードホワイトバランスインバランスカウンターバランスオンバランス調整弁バランスコントロール栄養バランス栄養調整食品酸調整剤バランス食

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栄養剤の関連情報