コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相互作用過程分析 そうごさようかていぶんせきinteraction process analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相互作用過程分析
そうごさようかていぶんせき
interaction process analysis

R.F.ベールズが構成した相互作用の組織的観察法。彼は小集団ないし社会集団の相互作用の観察記録のため,(1) 情報や状況規定,(2) 解決法の評価と共通の価値体系,(3) 他人への影響,(4) 集団内部の緊張緩和,(5) 最終的な決定への到達,(6) 集団の統制の維持,の6カテゴリーに,それぞれ正の方向,負の方向という2つの側面を考え,合計 12のカテゴリーを構成した。この組合せにより,(a) 正の方向での情緒的反応,(b) 問題の提起 (質問) ,(c) 解決への示唆 (応答) ,(d) 負の方向での情緒的反応という4領域にまとめ,これらのカテゴリーを用いて,小集団内部の相互作用を「だれからだれへ」と記録する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

相互作用過程分析の関連キーワード統制的観察

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android