コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相嘗の祭 アイナメノマツリ

デジタル大辞泉の解説

あいなめ‐の‐まつり〔あひなめ‐〕【相×嘗の祭】

古代、陰暦11月初めの卯(う)の日に、新嘗祭(しんじょうさい)に先立って畿内71の神社に新穀を供えた神事。あいにえのまつり。あいんべのまつり。

あいにえ‐の‐まつり〔あひにへ‐〕【相×嘗の祭】

あいなめのまつり

あいんべ‐の‐まつり〔あひんべ‐〕【相×嘗の祭】

あいなめのまつり

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

相嘗の祭の関連キーワード新嘗祭古代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android