相嘗(読み)あいなめ

世界大百科事典 第2版の解説

あいなめ【相嘗】

相饗(あいにえ)ともいう。嘗はなめる,ねぶる,味わうの意で,《日本書紀》などの新嘗(にいなめ)や大嘗祭の記事ではナフライとよまれており,転じて直会(なおらい)となる。したがって相嘗は直会と同じ意であり,神祭にさいして,神に神饌をささげ,それを司祭者・参加者がいただく神人共食の儀礼である。この相嘗を通じて神と人との親密さが加わり,神は人を守護することを保証し,人は神を敬い,祈願し,報謝する。この一体感を強め,確認することが祭りの本質である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あい‐なめ あひ‥【相嘗】

太平記(14C後)二四「九月には〈略〉鎮花・三枝・相甞(アヒナメ)・鎮魂・道饗の祭あり」

あい‐にえ あひにへ【相嘗】

書紀(720)天武五年一〇月(北野本訓)「相新嘗(アヒニヘ)の諸の神祇に祭幣帛(いはひのみてくらたてまつ)る」

あい‐んべ あひ‥【相嘗】

〘名〙 (「あいにえ(相嘗)」の変化した語。「あひむべ」と表記) 古代、一一月の卯(う)の日に、その年の新穀を諸神に供え、諸神と天皇とが共に饗宴を行なう形の祭。山城、大和、河内、摂津、紀伊の諸社に、幣帛(へいはく)を奉る祭儀。あいなめ。あいにえ。
狭衣物語(1069‐77頃か)三「十一月(しもつき)にもなりぬれば、斎院のあひむへの程」
[語誌]「日本書紀」に「相新嘗」を「あひにへ」と訓むが、多く「相嘗」と表記し、「あひむへ」「あひんへ」「あひなめ」などと付訓されている。読みは「あいんべ」(「観智院本名義抄」「名目鈔」は「あひむべ」)。「伊呂波字類抄」「狭衣物語古活字本」には「あゑへ」「あやへ」とあるから、「あえんべ」「あやんべ」ともいったようである。現行の「あいなめ」の訓は漢字表記に引かれたもので、「新嘗(にひなめ)」「大嘗(おほなめ)」などの類推によるか。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の相嘗の言及

【共食】より

…共食には神と人との共食,人と人との共食がある。神と人との共食は,神に捧げた御食(みけ)(神饌)そのもの,もしくは同じものを調製し,祭りの司祭者・氏子が神前で相嘗(あいなめ)すなわち直会(なおらい)をする。神と人とが同じ食物を味わうことによって,両者の親密を強め,生活安泰の保証を得ようとするものである。…

※「相嘗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android