コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相嘗 あいなめ

百科事典マイペディアの解説

相嘗【あいなめ】

相饗(あいにえ)ともいう。にえは神供(しんく)の意。共食により神人(しんじん)結合するとの信仰に基づく儀礼神祇(じんぎ)に新穀を饗し,天皇の共食された祭が相嘗祭(旧11月)であるが,律令(りつりょう)制度の衰退とともに急速に衰えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいなめ【相嘗】

相饗(あいにえ)ともいう。嘗はなめる,ねぶる,味わうの意で,《日本書紀》などの新嘗(にいなめ)や大嘗祭の記事ではナフライとよまれており,転じて直会(なおらい)となる。したがって相嘗は直会と同じ意であり,神祭にさいして,神に神饌をささげ,それを司祭者・参加者がいただく神人共食の儀礼である。この相嘗を通じて神と人との親密さが加わり,神は人を守護することを保証し,人は神を敬い,祈願し,報謝する。この一体感を強め,確認することが祭りの本質である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

相嘗 (アイナメ)

学名:Hexagrammos otakii
動物。アイナメ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の相嘗の言及

【共食】より

…共食には神と人との共食,人と人との共食がある。神と人との共食は,神に捧げた御食(みけ)(神饌)そのもの,もしくは同じものを調製し,祭りの司祭者・氏子が神前で相嘗(あいなめ)すなわち直会(なおらい)をする。神と人とが同じ食物を味わうことによって,両者の親密を強め,生活安泰の保証を得ようとするものである。…

※「相嘗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

相嘗の関連キーワード年中行事(ねんじゅうぎょうじ)金峯神社(奈良県)石上神宮枚岡神社長田神社金峯神社神社私考賀茂神社神祇令酒盛り祝祭日新嘗祭神今食相饗冬祭小祀

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android