相好具足(読み)そうごうぐそく

精選版 日本国語大辞典「相好具足」の解説

そうごう‐ぐそく サウガウ‥【相好具足】

〘名〙
① 仏の三十二相・八十種好が欠けることなく備わっていること。
※真如観(鎌倉初)「分身究竟の二の仏、相好具足(サウガウグソク)し、神通自在なる也」
② 容貌が、欠点もなく立派に備わっていること。
※紫苑物語(1956)〈石川淳〉一二「これを見れば相好具足、ずゐぶん頼みになりさうな大悲の慈顔とあふがれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android