相川景見(読み)あいかわ かげみ

  • 相川景見 あいかわ-かげみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1811-1875 江戸後期-明治時代の歌人。
文化8年生まれ。幕臣(かち)組頭をつとめる。香川景樹(かげき)にまなび,能久(よしひさ)親王和歌を講義した。明治8年2月17日死去。65歳。名ははじめ定泰,如茂。通称は登之助,彦之進。号は柏園,山の井。著作に「船路の日記」,歌集に「柏園家集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android