相模線(読み)さがみせん

百科事典マイペディアの解説

相模線【さがみせん】

茅ヶ崎〜橋本間のJR東日本線。相模鉄道により1931年全通。1944年国有化。営業キロ33.3km。首都圏の通勤路線となり1991年電化。一部の列車は横浜線を経由し八王子まで乗り入れる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の相模線の言及

【茅ヶ崎[市]】より

…近年は大規模住宅団地の建設や北東部の丘陵地の宅地開発が進んでいる。相模川の砂利運搬用として1921年に開設された相模鉄道は44年国鉄(現JR)相模線となり,市域北部の住宅地を結ぶ通勤線となっている。毎年7月15日未明,南湖海岸で行われる浜降(はまおり)祭は,寒川神社をはじめ30余基のみこしが海中でみそぎをする勇壮な祭である。…

※「相模線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相模線の関連情報