コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相浦紀道 あいのうら のりみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相浦紀道 あいのうら-のりみち

1841-1911 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)12年6月23日生まれ。肥前佐賀藩士。戊辰(ぼしん)戦争では箱館(はこだて)征討軍艦長として功をたてる。常備艦隊司令長官,佐世保・横須賀両鎮守府司令長官を歴任し,明治28年海軍中将となる。37年貴族院議員。明治44年4月1日死去。71歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

相浦紀道

没年:明治44.4.1(1911)
生年:天保12.6.23(1841.8.9)
明治期の海軍軍人。肥前(佐賀)藩士相浦蕃慎の長男。明治1(1868)年箱館(函館)戦争に「延年」艦に乗り組み参戦した。12年「筑波」艦長として北米西岸,ハワイ遠洋航海に参加。25年から30年にかけて常備艦隊司令長官と佐世保鎮守府司令長官をそれぞれ2回務めた。27年連合艦隊が新編されると,西海艦隊司令長官を兼ねて旅順口根拠地隊司令長官に任命され,中将に進んだ28年と32年に横須賀鎮守府司令長官を務めた。最重要指揮官配置の常備艦隊などの長官に2度就任した人は珍しい。呉,佐世保鎮守府の計画・立案および建設に貢献。1回の座礁もなく運用術の権威といわれた。<参考文献>市来俊男『財団法人海軍歴史保存会資料』

(影山好一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

相浦紀道の関連キーワード明治時代幕末武士

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android