コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相浦紀道 あいのうら のりみち

2件 の用語解説(相浦紀道の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相浦紀道 あいのうら-のりみち

1841-1911 幕末-明治時代の武士,軍人。
天保(てんぽう)12年6月23日生まれ。肥前佐賀藩士。戊辰(ぼしん)戦争では箱館(はこだて)征討軍艦長として功をたてる。常備艦隊司令長官,佐世保横須賀鎮守府司令長官を歴任し,明治28年海軍中将となる。37年貴族院議員。明治44年4月1日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

相浦紀道

没年:明治44.4.1(1911)
生年:天保12.6.23(1841.8.9)
明治期の海軍軍人。肥前(佐賀)藩士相浦蕃慎の長男。明治1(1868)年箱館(函館)戦争に「延年」艦に乗り組み参戦した。12年「筑波」艦長として北米西岸,ハワイ遠洋航海に参加。25年から30年にかけて常備艦隊司令長官と佐世保鎮守府司令長官をそれぞれ2回務めた。27年連合艦隊が新編されると,西海艦隊司令長官を兼ねて旅順口根拠地隊司令長官に任命され,中将に進んだ28年と32年に横須賀鎮守府司令長官を務めた。最重要指揮官配置の常備艦隊などの長官に2度就任した人は珍しい。呉,佐世保鎮守府の計画・立案および建設に貢献。1回の座礁もなく運用術の権威といわれた。<参考文献>市来俊男『財団法人海軍歴史保存会資料』

(影山好一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相浦紀道の関連キーワード広瀬武夫安保清種川原袈裟太郎古賀喜三郎高木英次郎武富邦鼎平野勇真木長義山崎景則吉河為久蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone